2022年11月4日

岡山県 岡山エリア|歴史が刻まれた地を巡る日帰りモデルコース。生まれ変わる岡山城に車で行こう

岡山には、岡山城を始めとする歴史あるスポットが豊富。自然や絶景を楽しめる名所も点在しているので、ドライブにぴったりです。関西地方から岡山エリアまでは、高速道路を使って約3時間。今回は大阪方面を出発地と想定して、山陽自動車道「岡山IC」を起点に、日帰り観光ドライブのモデルコースと、おすすめの観光スポットを紹介します。

白い車アイコン

観光ルート
マップ

岡山エリア

岡山エリアオススメスポット地図 岡山エリアオススメスポット地図
  1. 備中松山城
  2. 吉備津神社
    12:一般道路、車で1時間5分)
  3. 岡山城
    23:一般道路、車で30分)
  4. 児島ジーンズストリート
    34:一般道路、車で1時間)
  5. 瀬戸大橋
    45:一般道路、車で15分)

岡山|観光ドライブの魅力

岡山には「岡山城」や「備中松山城」、「吉備津神社」など、歴史とロマンにあふれる建造物が豊富です。どこも自然に囲まれているため、季節ごとに移ろいゆく風景も楽しめます。
また、世界中のジーンズ好きが熱い視線を送る「児島ジーンズストリート」や、絶景スポットとして有名な「瀬戸大橋」も見逃せません。各スポットをドライブで巡れば、観光・買い物・景色と、贅沢な1日が送れます。

15の走行時間:約2時間50分  
※観光スポットでの滞在時間除く

1

岡山県高梁市
備中松山城

備中松山城の写真

備中松山城は、「日本100名城」の一つに数えられているお城です。日本国内において天守が現存する唯一の山城であり、天守や土堀などが重要文化財に指定されています。標高430メートルの臥牛山(がぎゅうざん)頂上付近に建立され、雲海に包まれる姿から“天空の山城”との異名を持ちます。
そんな備中松山城のベストビューポイントは、少し離れた位置にある「雲海展望台」です。雲海が発生しやすいのは、9月下旬〜4月初旬の明け方から午前8時頃。雨の日は出現しないので、晴れることを願いましょう。雲海が発生しない時間帯でも、展望台からは備中松山城を一望できます。
ちなみに、2018年には備中松山城に新たな城主が誕生しました。その名は“猫城主”こと「さんじゅーろー」です。10時と14時になると、猫城主として城内の見回りをしているとのこと。備中松山城は、お城×猫という異色のコラボレーションも楽しめる観光スポットです。

名称 備中松山城
所在地 岡山県高梁市内山下1地図
アクセス 山陽自動車道「岡山IC」より約45分
駐車場 あり/無料(110台)
入城料
  • ・大人:500円
  • ・小中学生:200円
  • ※土日祝日および、休業中に観覧する小中学生は無料
開城時間 <4月~9月>
  • 9:00~17:30
<10月~3月>
  • 9:00~16:30
  • ※最終入城は閉城時間の30分前
休城日 12月29日~1月3日
参考
リンク
https://www.city.takahashi.lg.jp/soshiki/9/shiro4240131.html
※最新情報はリンク先をご確認ください

2

岡山県岡山市
吉備津神社

吉備津神社の写真

備中松山城を出発したら、暫しのドライブを楽しみましょう。一般道で1時間少し走ると、吉備津(きびつ)神社に到着します。
吉備津神社は、桃太郎のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)を祀り、物語の基となった「温羅(うら)退治」が語り継がれている神社です。桃太郎にまつわるストーリーが日本遺産に認定され、27件ある構成文化財のうち8件がこちらの神社内にあります。
また、吉備津造りの本殿は国宝という貴重な存在。出雲大社の約2倍の大きさを誇り、荘厳な佇まいが観る者を圧倒します。
その他、全長360メートルの廻廊は境内にある梅林、ぼたん園、あじさい園が望めるスポットで、歴史を彩る四季折々の花々を鑑賞できます。
なお、備中松山城から吉備津神社へ向かう際は、道中にある「道の駅かよう」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。吉備高原で採れた新鮮な野菜が並ぶ直売所を始め、手打ちそばや地元の新鮮野菜を使ったサラダバーが味わえる和風レストランなどが入っており、ドライブの休憩スポットにぴったりです。

名称 吉備津神社
所在地 岡山県岡山市北区吉備津931地図
アクセス 山陽自動車道「岡山IC」より約15分
駐車場 あり/無料(400台)
入場料 無料
参拝時間
  • ・開門:5:00
  • ・閉門:18:00
参考
リンク
https://www.kibitujinja.com/
※最新情報はリンク先をご確認ください

3

岡山県岡山市
岡山城

岡山城の写真

引き続き、歴史あるスポットを巡りましょう!吉備津神社から約30分車を走らせると、岡山城が見えてきます。岡山城は、戦国時代の大名である宇喜多秀家が1597年に完成させたお城です。黒色に輝く天守閣の壁にちなみ、“烏城(うじょう)”という別名を持ちます。
岡山城は1945年に起こった岡山大空襲によって天守閣を焼失しましたが、1966年に再建された歴史を持ちます。戦国時代から令和の現代まで、人々を見守ってきた岡山城。2021年6月から「令和の大改修」をスタートし、2022年11月3日に「新・岡山城」としてリニューアルオープン予定です。

名称 岡山城
所在地 岡山県岡山市北区丸の内2-3地図
アクセス 山陽自動車道「岡山IC」より約20分
駐車場 あり/有料
1時間:300円
  • ※以降30分につき100円
<上限>
  • ・平日:800円
  • ・土日祝日:1,000円
入場料 無料
営業・
開場時間
9:00~17:30
  • ※入場は17:00まで
参考
リンク
https://kin-ujo.jp/
※最新情報はリンク先をご確認ください
岡山城エリア周辺の宿はこちら

4

岡山県倉敷市
児島ジーンズストリート

児島ジーンズストリートの写真

歴史スポットを満喫したら、南下して児島ジーンズストリートへ。倉敷市児島は「国産ジーンズ発祥の地」と言われるエリアです。商店街には40以上のショップが軒を連ね、こだわりが詰まったジーンズやお土産、雑貨などが購入できます。周辺にはカフェもあるので、ジーンズの聖地巡りをしつつ、食べ歩きも楽しめます。

名称 児島ジーンズストリート
所在地 岡山県倉敷市児島味野 付近地図
アクセス 山陽自動車道「岡山IC」より約35分
駐車場 あり/無料(10台)
  • ※近くに有料駐車場もあり
入場料 無料
営業・
開場時間
店舗によって異なる
参考
リンク
http://jeans-street.com/
※最新情報はリンク先をご確認ください

5

岡山県倉敷市
瀬戸大橋

瀬戸大橋の写真

児島ジーンズストリートから瀬戸大橋までは、車で約15分。瀬戸大橋は岡山県と香川県をつなぐ道路と鉄道の併用橋で、下津井瀬戸大橋から南備讃瀬戸大橋までの6橋の総称です。橋の上から見える瀬戸内海の夕日は、観光ドライブの締めにふさわしい輝きを放ちます。
特定日は日没になると瀬戸大橋全体がライトアップされ、イルミネーションスポットとしても人気を集めます。夜の海に浮かぶ瀬戸大橋の姿を鑑賞したい時は、近くにある「瀬戸大橋架橋記念公園」や「鷲羽山(わしゅうざん)」から夜景を楽しむのもおすすめです。

名称 瀬戸大橋
所在地 岡山県倉敷市地図
アクセス 山陽自動車道「岡山IC」より約40分
駐車場 ※瀬戸大橋記念公園内
あり/無料
  • ・東駐車場(122台)
  • ・北駐車場(50台)
  • ・西駐車場(258台)
通行料金
(児島~坂出北)
<現金車>
  • ・終日:3,670円
<ETC車>
  • ・平日:1,730円
  • ・休日:1,680円
参考
リンク
https://www.kurashiki-tabi.jp/see/213/
※最新情報はリンク先をご確認ください
瀬戸大橋エリア周辺の宿はこちら

現代の岡山に息づく歴史あるスポットをドライブで巡ろう

桃太郎伝説が生まれた岡山には、お城や神社など、古くから伝わる歴史ある名所が数多くあります。観光スポット同士の距離が離れていることもあるので、移動は車が便利です。歴史と自然、そして瀬戸内海の雄大な姿と、岡山の魅力をドライブしつつ堪能してみてください。

カーライフ×旅特集一覧に戻る