2022年9月16日

和歌山県 南紀白浜エリア| 1泊2日の観光モデルコース。愛車で行くおすすめスポット6選

白浜は関西を代表するリゾート地。美しい海や美味しい魚介類、そして動物とのふれあいを楽しめるとあって、観光客から人気のエリアです。大阪中心部、愛知県中心部から、ともに3時間半程で到着できます。
海沿いに植えられたヤシの木を見ながらのドライブは、海外気分を味わえます。今回は1日目に東牟婁郡(ひがしむろぐん)地区で観光した後に宿泊し、2日目に白浜を含む西牟婁郡地区で遊ぶモデルコースを紹介します。

白い車アイコン

観光ルート
マップ

南紀白浜エリア

南紀白浜エリアオススメスポット地図 南紀白浜エリアオススメスポット地図
  1. 太地フィールドカヤック
  2. 龍神温泉周辺
    12:一般道路+高速、車で2時間10分)
  3. とれとれ市場
    23:一般道路、車で1時間10分)
  4. アドベンチャーワールド
    34:一般道路、車で10分)
  5. 白良浜
    45:一般道路、車で10分)
  6. 円月島
    56:一般道路、車で5分)

南紀白浜エリア|観光の魅力&旅行におすすめの理由

白浜と言えば、リゾート感のある美しい海と砂浜が有名です。昼間は太陽で青く輝き、夕方になると夕日が海に反射するなど、時間帯によって異なる表情を見られます。
海の他にも、関西を代表するテーマパークである「アドベンチャーワールド」や、新鮮な魚介類が集まる「とれとれ市場」など、子どもから大人まで満足できるスポットが白浜エリアには満載です。
今回は1日目に東牟婁郡(ひがしむろぐん)地区で観光した後に宿泊し、2日目に白浜を含む西牟婁郡地区で遊ぶ観光モデルコースを紹介します。

16の走行時間:約3時間45分  
※観光スポットでの滞在時間除く

南紀白浜エリア|観光モデルコース:1日目

愛知・三重方面を出発したら、和歌山県を目指して南下しましょう!観光モデルコース1日目として、海に面した太地町で遊び、龍神温泉がある田辺市で宿泊するプランを紹介します。

1

和歌山県東牟婁郡
太地フィールドカヤック

ド太地フィールドカヤックの景色

※画像はイメージです

「太地フィールドカヤック」では、美しい海でシーカヤックを体験できます。体験コースは3コースあり、すべてのコースでインストラクターが同行するので、安心してカヤックを楽しめます。レギュラーコースでは、1セット約2時間で穏やかな湾内を周遊し、湾内のいけすで泳ぐイルカを見学したり、対岸に上陸し、休憩や磯遊び等を体験できます。
その他、SUP体験や釣り、バーベキューを楽しめるコースもあります。「太地フィールドカヤック」で動物や自然とのふれあいを満喫してみてはいかがでしょうか。
なお、完全予約制なので、旅行当日までに忘れずに予約をしましょう。

名称 太地フィールドカヤック
所在地 和歌山県東牟婁郡太地町森浦685の27地図
アクセス 熊野尾鷲道路「熊野大泊IC」より約1時間
駐車場 あり/無料
体験料金
(レギュラー
コース:
2時間)
  • 大人(中学生以上):4,400円
  • 小人(3歳~小学生):2,200円
営業・
開場時間
8:00~17:00(年中無休)
参考
リンク
https://www.dolphinresort2.net/
※最新情報はリンク先をご確認ください

2

和歌山県田辺市
龍神温泉周辺

「太地フィールドカヤック」でカヤックを楽しんだら、少し体が疲れているかもしれません。2日目に備えるためにも、温泉地でゆっくり過ごして心も体もリフレッシュしましょう。
龍神温泉は“日本三美人の湯”の一つ。各温泉のオーナーらが運営する「龍神温泉 元湯」は、源泉かけ流しのお湯を体感できる共同浴場です。内風呂と露天の岩風呂があり、自然を見ながら名湯を満喫できます。
また、同施設から徒歩約5分のところには「龍神温泉元湯別館」があり、宿泊が可能です(食事なし)。龍神温泉周辺には他にも複数の宿がありますので、温泉や食事を満喫できる施設を探してみてください。

名称 龍神温泉
所在地 和歌山県田辺市龍神村龍神地図
アクセス
  • 【龍神村まで】
  • 名古屋から273km(約4時間40分)
  • 伊勢から214km(約3時間55分)
駐車場 あり/無料(龍神温泉 元湯)
入場料
  • 【龍神温泉 元湯】
  • 大人:800円
  • 小人:400円(小学生以下)
営業・
開場時間
  • 【龍神温泉 元湯】
  • 7:00〜21:00
  • ※最終受付20:40
参考
リンク
https://www.motoyu-ryujin.com/blank
※最新情報はリンク先をご確認ください
龍神温泉のオススメ宿はこちら

南紀白浜エリア観光モデルコース:2日目

温泉で疲れを癒したら、いよいよ2日目のスタートです。2日目は海の幸と動物、そして絶景を満喫できるモデルコースを紹介します。

3

和歌山県西牟婁郡
とれとれ市場

とれとれ市場の写真

「とれとれ市場」は、地元だけでなく全国から新鮮な魚が入荷される、西日本最大級の海鮮マーケットです。魚は宅配便(有料)を利用できますので、旅先でも安心して購入できます。
市場コーナーの見どころは、迫力満点の「マグロの解体ショー」。平日は1~2回、土日祝日だと2~3回実施されていますが、開催時間は決まっていません。来場客が多い時間帯(11:00~13:00頃)に実施されるようなので、ショーを見たい場合は到着時間を調整してみてはいかがでしょうか。
同施設では、海鮮丼やお寿司などを食べられる食事・軽食コーナー、名産品を購入できるお土産コーナーなどもあるので、ここだけで1日過ごすこともできそうです。

名称 とれとれ市場
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521地図
アクセス 大阪市内より約2時間30分
駐車場 無料/777台
入場料 無料
営業・
開場時間
8:30~18:30
※食事は17:30頃オーダーストップ
参考
リンク
https://toretore.com/ichiba/
※最新情報はリンク先をご確認ください

4

和歌山県西牟婁郡
アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドの景色

「アドベンチャーワールド」は、マリンワールド(水族館)、サファリワールド(動物園)、プレイゾーン(遊園地)が融合した珍しいテーマパークです。
同施設の見どころは、ジャイアントパンダの家族。お父さんと子どもたち、計7頭が仲良く暮らしています。笹をむしゃむしゃ食べたり、ごろんと寝転んだり、自由気ままに過ごすパンダを見ていると時間を忘れてしまいそう。
動物とふれあえるツアー、アトラクションも豊富なので、気になるものに参加してみるのもおすすめです。

名称 アドベンチャーワールド
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399地図
アクセス 紀勢自動車道「南紀白浜IC」より約10分
駐車場 普通車1,200円、二輪車500円
入場料
  • 【1日入園券】
  • 大人(18歳以上):4,800円
  • セニア(65歳以上):4,300円
  • 中人(中学生・高校生):3,800円
  • ※12歳~17歳
  • 小人(幼児・小学生):2,800円
  • ※4歳~11歳
営業・
開場時間
10:00~17:00
※10:00~20:00までの日もあり
参考
リンク
https://www.aws-s.com/
※最新情報はリンク先をご確認ください

5

和歌山県西牟婁郡
白良浜

白良浜の写真

白良浜(しららはま)は、白い砂が特徴的な全長約620mの海岸です。関西を代表するマリンスポットであり、毎年約60万人が訪れます。白い砂浜、カラフルなパラソル、美しい海、そしてヤシの木と、白良浜はリゾート感たっぷり。
また、白良浜海水浴場内には、水着を着用して利用する露天風呂があります。青く輝く海を見ながらの入浴で、贅沢なひとときを過ごしてはいかがでしょうか。

名称 白良浜
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町864地図
アクセス 紀勢自動車道「南紀白浜IC」より約15分
駐車場
  • 【白良浜駐車場:令和4年度】
  • <4/23~6/30>
    9:00~17:00 500円
    ※土日祝日は18:00まで
  • <7/1~7/15>
    9:00~17:00 1,000円
    ※土日祝日は18:00まで
  • <7/16~8/31>
    6:00~18:00 2,000円
  • <花火イベント開催時>
    18:00~21:00 1,000円
  • <9/1~9/25>
    9:00~17:00 1,000円
    ※土日祝日は18:00まで
入場料 無料
営業・
開場時間
24時間
参考
リンク
http://www.nankishirahama.jp/spot/detail.php?spot_id=19
※最新情報はリンク先をご確認ください

6

和歌山県西牟婁郡
円月島

円月島の景色

円月島(えんげつとう)も、白浜を代表するスポットの一つ。正式名称は「高嶋」ですが、丸い月のような空洞があることから“円月島”と呼ばれています。
円月島は釣りも楽しめるので、朝から行くのも良いですが、特におすすめなのは夕暮れ時です。夕日が島を照らす姿は、まさに絶景。その美しさから「和歌山県の夕日100選」に選ばれています。

名称 円月島
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町3740地図
アクセス 紀勢自動車道「南紀白浜IC」より約15分
駐車場 専用駐車場なし
入場料 無料
営業・
開場時間
24時間
参考
リンク
https://www.wakayama-kanko.or.jp/spots/132/
※最新情報はリンク先をご確認ください
白浜エリア周辺の宿はこちら

南紀白浜エリアの観光スポットで思い出を作ろう

車は好きなタイミングで移動できるので、旅行に最適です。海沿いを走っているうちに、自然と気分が明るくなってくるはず。好きな音楽を流しながらのドライブも楽しそうですね。
白浜エリアには、今回紹介した以外にも観光スポットがたくさんあるので、自分たちだけの観光プランを考えてみてはいかがでしょうか。そして、素敵な思い出を作ってください。

カーライフ×旅特集一覧に戻る