2022年9月16日

大阪|ドライブにおすすめの観光スポット5選。昼から夜まで楽しめるコースを紹介

大阪は中心エリアでも観光を楽しめますが、車があれば郊外の観光スポットも気軽に訪れることができます。愛知県中心部の名古屋からは片道3時間程、近隣の京都市、神戸市からも1時間半から2時間程度で、最初の目的地である金剛山に到着します。
その他、府内には山や海、海遊館やりんくう公園、夜景がきれいなドライブウェイなど、人気の観光スポットが豊富です。昼は観光、夜は夜景と、1日を通して大阪の魅力を堪能できるおすすめドライブコースを紹介します。

白い車アイコン

観光ルート
マップ

大阪

大阪オススメスポット地図 大阪オススメスポット地図
  1. 金剛山
  2. りんくう公園
    12:一般道路+高速、車で1時間20分)
  3. なにわ食いしんぼ横丁
    23:一般道路+高速、車で40分)
  4. 海遊館
  5. 五月山ドライブウェイ
    45:一般道路+高速、車で50分)

大阪|観光ドライブの魅力

2025年には大阪関西万博が開催予定とあり、盛り上がりを見せている大阪。関西国際空港があるため飛行機でのアクセスも便利ですが、人気のスポットは各所にあるので、車の方がスムーズに移動でき、ドライブと観光を同時に楽しめます。
今回は、山と海といった自然景観を楽しめるスポットや有名な観光地、ドライブに最適な道路など、大阪の観光ドライブにおすすめのスポットを厳選して紹介します。

15の走行時間:約2時間50分  
※観光スポットでの滞在時間除く

1

大阪府南河内郡
金剛山

金剛山の景色

使用素材:KENPEI金剛山山頂

金剛山は奈良県と大阪府にまたがる標高1,125mの山です。標高が高い分、頂上からは大阪や奈良の街並みを一望できます。普段は車移動の人も、山登りで体を動かすと爽快感を味わえるでしょう。登山道には「しゃくなげの路」や「ちはや星と自然のミュージアム」などもあるので、休憩しながら山頂を目指せます。
ただ、以前はロープウェイが使えましたが、現在は老朽化による強度不足のため運休中です。山頂を目指すには登山口から歩く必要があるため、あらかじめ登山ルートを確認しておきましょう。

名称 金剛山
所在地 大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早地図
アクセス 阪和自動車道「美原IC」より約1時間
駐車場
  • 【大阪府立金剛登山道駐車場】
  • 7:00~19:00
  • 普通自動車 1日600円/151台
入場料 無料
営業・
開場時間
24時間
参考
リンク
https://osaka-info.jp/spot/mount-kongo/
※最新情報はリンク先をご確認ください
近くのオススメ宿はこちら

2

大阪府泉佐野市
りんくう公園

りんくう公園の写真

使用素材:663highlandRinku park

りんくう公園は、海に面した広大な敷地を誇る公園です。対岸には関西国際空港があり、夕方になると夕日に照らされた海の上を飛行機が飛ぶ様子を見られます。公園内にあるマーブルビーチからの夕日は「日本の夕日百選」に選ばれるほどの美しさです。
また、マーブルビーチの近くには、大和絵の一場面を現代風に表現した「5つの庭」があります。杜島(もりしま)、野筋(のすじ)、萩坪(はぎつぼ)、荒磯(ありそ)、葦手様(あしでよう)と、趣きの違う日本庭園を歩けるのもりんくう公園の魅力と言えます。

名称 りんくう公園
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来北1-271地図
アクセス 阪神高速4号湾岸線「泉佐野南出口」より約5分
駐車場
  • 2ヵ所あり
  • <平日>
    1時間210円、24時間まで1,130円
  • <土・日・祝日>
    1時間310円、24時間まで1,330円
入場料 無料
営業・
開場時間
24時間
参考
リンク
https://rinku.osaka-park.or.jp/
※最新情報はリンク先をご確認ください
近くのオススメ宿はこちら

3

大阪府大阪市
なにわ食いしんぼ横丁

なにわ食いしんぼ横丁の写真

金剛山やりんくう公園で体を動かしたら、そろそろお腹が空いてくるはず。りんくう公園を出たら、大阪湾沿いをドライブしつつ北上してみて。1時間ほど車を走らせると、なにわ食いしんぼ横丁と海遊館が見えてきます。
なにわ食いしんぼ横丁は、“なにわグルメ”が味わえるフードテーマパークです。“元気な大阪”をテーマに、昭和40年代のレトロな街並みが再現されています。
施設内で食べられるのは、お好み焼きやいか焼き、大阪市民の好物とされる「名物カレー」など、大阪に来たら食べておきたいメニューばかり。大阪の味を堪能して、エネルギーをチャージしましょう!

名称 なにわ食いしんぼ横丁
所在地 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10地図
アクセス 阪神高速東大阪線「水走IC」より約35分
駐車場
  • <平日>
    200円 /30分(最大料金 1,200円)
  • <土・日・祝日>
    250円 /30分(最大料金 2,000円)
  • <営業時間>
    8:00~23:00(出庫は0:00まで)
入場料 無料
営業・
開場時間
11:00~20:00
※イベント開催時や季節、曜日により変更の可能性あり
参考
リンク
https://www.kaiyukan.com/thv/marketplace/kuishinbo/
※最新情報はリンク先をご確認ください

4

大阪府大阪市
海遊館

海遊館の景色

なにわ食いしんぼ横丁のすぐ近くにある海遊館は、世界最大級の規模を誇る水族館です。なにわ食いしんぼ横丁と海遊館は最寄りの駐車場が同じですので、車を停めたまま移動できます。
海遊館の展示は太平洋に住む生き物が中心ですが、その他にもアメリカ・カリフォルニア州のモンタレー湾や、中央アメリカのパナマ湾、エクアドル熱帯雨林、南極大陸など、世界各地の生き物が自然に近い姿で生活しています。
また、17時からは“夜の海遊館”に早変わり。館内のBGMや照明が落ち着いたものへと変化し、リラックスしながら夜の海を楽しめます。

名称 海遊館
所在地 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10地図
アクセス 阪神高速東大阪線「水走IC」より約35分
駐車場
  • <平日>
    200円 /30分(最大料金 1,200円)
  • <土・日・祝日>
    250円 /30分(最大料金 2,000円)
  • <営業時間>
    8:00~23:00(出庫は0:00まで)
入場料
  • 大人(高校生・16歳以上):2,400円
  • 子ども(小・中学生):1,200円
  • 子ども:850円
  • 幼児(3歳以上):600円
  • シニア(65歳以上):2,200円
営業・
開場時間
  • <7月16日(土)~31日(日)>
  • 【平日】9:30~20:00
  • 【土日祝】9:00~20:00
  • ※最終入館19:00
  • <8月1日(月)~31日(水)>
  • 8:30~20:30(最終入館19:30)
  • ※日によって異なるため要確認
参考
リンク
https://www.kaiyukan.com/
※最新情報はリンク先をご確認ください
近くのオススメ宿はこちら

5

大阪府池田市
五月山ドライブウェイ

五月山ドライブウェイの写真

食いしんぼ横丁または海遊館を出発後、さらに北へ向かって車を走らせると、50分ほどで五月山ドライブウェイに到着します。五月山ドライブウェイは、大阪府池田市を走る有料道路で、夜景が有名なスポットです。
ドライブウェイの途中には展望台「秀望台」があり、キラキラと光る大阪の街や夜空を舞う飛行機を見られます。ドライブの締めに夜景を見て、ゆったりとした特別な時間を過ごしてはいかがでしょうか。

名称 五月山ドライブウェイ
所在地 大阪府池田市綾羽2丁目地図
アクセス 阪神高速道路11号池田線「川西小花IC」より約8分
駐車場 無料駐車場あり(3ヵ所、全57台)
※ドライブウェイの通行料はかかります
入場料 有料道路:300円
※二輪車は通行禁止
営業・
開場時間
22:00から5:00まで通行禁止
※イベント開催時は通行規制あり
参考
リンク
https://www.ikedashi-kanko.jp/satsukiyama
※最新情報はリンク先をご確認ください
近くのオススメ宿はこちら

気になるスポットを巡って大阪ドライブを満喫しよう

大阪と聞くと近代的なイメージを抱く人も多いかもしれませんが、今回紹介した金剛山を始めとする山々や、美しい海が広がる大阪湾などもあり、実は自然豊かなエリアです。
山と海の近く、そしてドライブウェイを走ると、自然を満喫できてリフレッシュできるかもしれません。ぜひ気になるスポットを探して、大阪の観光ドライブを楽しんでください。

カーライフ×旅特集一覧に戻る